各種募集情報・申請はこちらから

歴史 – 早雲・北条五代とは

戦国乱世の転換期に、
皆が平和に暮らせる国家作りを目指した最初の戦国大名。


出自不明と未だ謎の多い北条早雲。

斎藤道三、松永久秀と並ぶ日本三大梟雄(きょうゆう)と呼ばれる事が多いが、応仁の乱をきっかけに、治世の根本は民衆の信頼が大事。と民衆の実情に通じるよう努め、領民の安寧を理想とする国づくりを行った。

官位を希望せず、禅を学んだ教養人でもある。

領民に慕われた北条早雲の領国経営に今の時代学ぶところも多い。
*梟雄(きょうゆう)とは「残忍で強く荒々しい、悪者などの首領」。

戦国時代を駆け抜けた北条早雲の生涯

戦国時代の魁として知られる北条早雲は、備中荏原荘(岡山県井原市)を治めていた伊勢氏の出身とされる。当時の史料では、伊勢新九郎盛時(長氏)と名乗り、伊豆に入ってからは入道名の宗瑞、早雲庵宗瑞と名乗っている。

続きを読む

今週のイベント

9/23(日) 9/24(月) 9/25(火) 9/26(水) 9/27(木) 9/28(金) 9/29(土)