各種募集情報・申請はこちらから

領民の安寧を願った北条早雲公

早雲寺殿廿一箇条(そううんじどのにじゅういっかじょう)

早起き・早寝、友の選び方、戸締りの重要性など、
早雲が伝えたとされる家訓。

一、可信佛神事

第一に神仏を信じなさい。

二、朝早可起事

朝は早く起床すること。遅く起きると、下の者まで気を緩め、公務に差し支える。
そうなれば、主君に見限られてしまうだろう。

三、夕早可寝事

夕刻は五ツ(午後8時頃)までに寝ること。また、火の始末は入念に確認すること。
夜は早く寝て、朝は早く起き、行水・礼拝をすませ、
当日の用事を妻子や家来に申し付けたら早々に出仕しなさい。

四、手水事

手水は素早くすませること。水はたくさんあるからと無駄遣いしてはならない。

 

五、拝事

礼拝とは、すなわち身の行いである。正直で柔らかな心を持ち、上の者を敬い、下の者を思いやる。
そうすれば、たとえ祈らずとも神仏の加護は得られるもの。
祈っても心が歪んでいれば、その願いは神仏には届かない。

 

六、刀衣裳事

刀や着物は他人に影響されてはならない。立派なものを身に着ける必要はなく、見苦しくなければそれでよい。
なきものを借り求めても、非力さばかりが増して嘲られるだろう。

七、結髪事

頭髪は、いついかなる時も早々に結い終える事。少々の用事でも人前に立つことになるのだから、礼儀・配慮に欠けてはならない。
出仕日はもちろん、休日も身支度はしっかり整えておきなさい。

八、出仕事

出仕の際は、すぐさま御前へ出てはならない。まずは御次の間に控え、同僚と自分の身繕いを点検し、御目通りへ出よ。
注意を怠ると、思わぬ失態を演じる。

九、受上意時事

主君から命を受けることがあれば、たとえ遠くに列席していても「はい」と返事し、心から謹み承ること。
退出は素早く、その由を調べ上げての報告の折は、ありのままを申し上げなさい。

十、不可爲雑談虚笑事

御目通りの場にて、談笑する者の近くにいてはならない。ましてや、雑談に加わることなどもってのほかである。

十一、諸事可任人事

自分に関係ないことに、いちいち首を突っ込まない。十二、讀書事

常に書物を持ち歩き、空き時間には読書に励みなさい。文字は、読み書きしないとすぐに忘れてしまうものである。

十三、宿老祗候時禮義事

目上の者や年配者の側を通る時は、腰を少し折り、手を前について通りなさい。

十四、不可申虚言事

一言半句たりとも嘘をついてはならない。ありのままを話すことが肝要で、
嘘をつくことが癖になれば他人の信用を失ってしまう。
疫病が流行った際、早雲は領民を救うため、京都から薬を取り寄せたという話や、戦場では家臣と食事を共にし、また政治においても家臣の意見を取り入れる体制を整えるなど、家臣や領民にも慕われていたと言われている。

十五、可学歌道事

歌道は大いに心がけて学びなさい。少しの嗜みもない者は、つまらない人間である。

十六、乗馬事

乗馬の訓練に勤しむこと。

十七、可撰朋友事

良き友は習い事や学問など同道の友から求めなさい。遊び友達は悪友にしかならない。

十八、可修理四壁垣牆事

下男・下女には、その場を取り繕う者が多い。帰宅したら家中を点検し、修繕が必要なところが
ないか点検する。万事注意を怠ってはならない。

十九、門事

六ツ(午後6時頃)までには閉門すること。戸締りを怠ると、災厄の元となる。

二十、火事用事

家人へ火の用心は何度も固く申し付けよ。火を使う場所を自分の目で確認し、類焼にも警戒すること。
召使がたくさんいても任せきりにせず、まずは自分で配慮・実践すべし。
民や家臣を大切にする思想

二十一、文武弓馬道事

武士たる者、文と武を兼ね備えよ。

四公六民(しこうろくみん)

それまでの「五公五民」と言われる、収穫量の半分が年貢で取られていたものを、6は農民のものにするという減税政策を行っていた。

前のページに戻る

今週のイベント

11/21(水) 11/22(木) 11/23(金) 11/24(土) 11/25(日) 11/26(月) 11/27(火)

    11/21

    11/22

    11/23

    11/26

    11/27